日本心臓ペースメーカー友の会 兵庫県支部へようこそ

はじめに

皆さん 今日も笑顔でお暮しですか。

「日本心臓ペースメーカー友の会は、1970年(昭和45年)に設立しました。

会員の健康で安心な日常生活の確保と社会福祉への貢献を目的として活動しています。

心臓ペースメーカー/ICD/CRTは、年々、性能と信頼性が向上しています。

その一方で、多くの患者の皆さんが様々な不安と問題を抱えています。

本会に入会されますと、同じ病の方々や先生方との交流の場持ち、会誌「かていてる」(年間6回発行)

や支部報を通じて、正しい情報と知識を得ることができます。

是非、本会に入会されて、これからの人生に「あんしんと笑顔と元気」を取り戻してください。

皆様のご入会をこころよりお待ちしております



最新情報(ニュース)


       平成30年度第2回理事会を9/7(火)13:00から小田公民館で開催しました。

兵庫県支部の後半の催しについて決めました。開場の都合等で若干の日程変更はありますが、およその日程を以下に決定しました。

 ①秋季ひょうたん倶楽部 10/09(火)新開地喜楽亭 10/24(水)摩耶山上散策

 ②地区懇談会(茶話会) 11/09(金)尼崎市立小田公民館 11/15(木)神戸勤労会館 11/29(木)加古川勤労会館

2018秋の行事 ひょうたん倶楽部

 兵庫県支部のレク活動「ひょうたん倶楽部 秋の行事」として、古典芸能鑑賞会「神戸新開地 喜楽館」とチョコッとウォーク「摩耶山散策」を開催しました。

 もともと、「ひょうたん倶楽部」は歩いて健康寿命を延ばそうと始めたものです。

 しかし、会員の高齢化が進み、長時間歩くことが難しくなりました。また、開催当日の雨が6回も続き、天候に左右されない催しとして美術館巡りや古典芸能鑑賞が加わりました。

 今回は両方とも秋晴れの大変な好天でした。

◆H30.10.24(水)摩耶山散策 

 「やったーー」であります。ここ数年雨に悩まされてきた「ひょうたん倶楽部 ウォーキング」で、前日までのぐずついた天候を吹き飛ばし、こんな秋晴れの一日をプレゼントがあるとは、つくづく続けてきてよかったと思います。

 ケーブルカーとロープウェーを乗り継ぐ「摩耶ビューライン」からの眺めは、少し紅葉し始めたところでしたが素晴らしい。しばし感嘆の声をあげる30分間でした。

 ほとんどあるかない散策と企画しましたが、秋晴れに誘われ500Mほど奥のホテルのイタリアンレストランに行くことになりました。少し上り下りの坂道につかれましたが、程よい運動でした。

 レストランで美味しく昼食のスパゲティーを食べ、ゆっくりした時間を過ごしました。

 今回は8名と少人数だったので、参加者全員と話す機会が持てました。楽しいおしゃべりは、歩く以上に健康に資するものがあったようです。

 兵庫県支部では、今後もレク活動「ひょうたん倶楽部」を続けてまいります

 

◆H30.10.9(火)神戸新開地 喜楽館

 当日は、JR三ノ宮駅に集合、会費は2000円(交通費、食事代除く)

 今年7月にオープンしたのを機会に、昨年までは大坂天満天神繁昌亭に行っていたのをこちらに変更しました。懐かしい新開地界隈を一度は行ってみたいという会員が多かったようです。新しく会員になられた方(2名)を含む18名の参加となりました。新開地商店街も喜楽館を応援しようといろいろなサービスを凝らしています。チケットを見せるとドリンク一杯無料や記念ボールペンがいただけたり、珈琲の割引の特典があります。三々五々新開地のお店に散って、まずは腹ごしらえをしました。13時半からの喜楽館の呼び込みは、みなと神戸らしいスマートなものでした。落語7席と色物(神楽)楽しみました。

 今回、10名以上だと団体扱いになり、通常2700円(当日)のところ2000円でした。

 笑うことの効用は言うまでもありませんが、時を忘れて大笑いし、いのちの洗濯をしました。

 また来年も続けてまいります。またのお越しをお待ち申し上げます。    

 

◆2018/10/12 発行 SSK かていてる Vol.49 No.4 ≪最新号≫